wired

本とかアニメの感想とか思考の整理

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (原作1〜7巻)

アニメも放送してる今がアツいと見て原作を読んだ感想を殴り書き.ネタバレなし.

 

良いところ

①キャラが良い

素晴らしく良い.デザインに加えてキャラの良さを極限まで魅せてる.男キャラも立ってる.

それぞれのキャラに共感しやすいというのもある.

 

②主人公が素晴らしい

主人公がある強い信念をもって行動してる.これは非常に大事で主人公が何をしたいのかがまったくわからない作品というのが意外とよくある.(僕の中ではワ○ピースとかナ○トとか正直何したいかわからない)

主人公の芯みたいなのが見えると非常に共感しやすい.考えが現実的なのだけど理想を追い求めるところもある.完全にINTJ型.ラノベによくある見ててストレスがたまるタイプではない.

 

②そこそこちゃんとバトルしてる

意味のわからない理論をぶっこんで来ない.主人公固有の強みもあり弱点もある.俺TUEEEEE系ではない.ある種強すぎない気合系主人公.

敵含めぶっ壊れレベルのチートもいない.

 

③ストーリーがわかりやすく魅せ方も王道

しっかりハッピーエンドで終わる(当然といえば当然).

起承転結に忠実.幾分落ちが弱いけど分かりやすいといえばそう.

 

④ご都合主義でない

もちろん多少はあるが非常に少ない.

 

 

雰囲気とかキャラとかSatanDay Nightに似てるかなって印象.(知ってる人いるかな?)

あと設定が少しRAVEに似てる部分がある(?)

 

全体的な感想はこんな感じ.オススメ.